制作「カノウセイ」シリーズ

2013/06/09

5歳の誕生日

またもやお久しぶりです。生活が変わって創作に費やす時間がめっきり減った今日この頃です。

さて、そんなことにはお構いなしに月日は流れていくものでして、おかげさまで本日をもちましてカノウセイの公開から5年が経過したことになります。ありがとうございます。
記念に何かないかと考えたところ、以前にこつこつ作っていたキャラ診断があったので、ひとまず形にして公開します。楽しめる人は非常に限られる気もしますが、まあ5周年記念だし、そんなもんですよね。
完成度はまだあまり高くありません(特にデザイン面)。また、完結後の公開を考えていたので、知らないキャラも一部混ざっていますがご了承ください。

……5年も経って完結していないのかよという指摘は十分承知していますので控えていただけると幸いです。10年後の話を10年以内に公開しなくては……

ちなみに自分は大抵誠と診断されます。ワーカホリック!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012/08/04

共同制作

こんにちは、最近月一のブログすらタイトルを決めるのに難渋している八久斗です。頭がぼやーっとしてるなぁ。

2ヶ月前に制作関連の話をしてから何が進んだかをちょろっと。

まず、エイトストーリーズの制作が大詰めです。主な舞台は秋なので、個人的にはその頃に公開できればなぁと思っています。自分の担当ルートも大体出来上がってきました。それ以外の仕事があまりできてなくて申し訳ないのですが。いつもの調子で書いてます。

グウゼンセイが全然進んでない…夏バテもあって、ちょっと最近筆が止まってます。
これは良くないと思い、代わりと言っては何ですが、書き溜めていたサイドストーリーの連載を始めました。そしてもう完結しました。おい。「Are you my friend?」というタイトルにしてあります。今のところ。グウゼンセイがデジタルノベル化したら一緒に移植する予定です。

あ、そうだ。ツイッターのほうに上げていた画像を貼ろう。カノウセイシリーズの関連がよく分からないと言われたので図にしました。でかいので続きから。

続きを読む "共同制作"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/01/20

あおこよ

おそくなりましたが、
あけましておめでとうございます。
ことしもどうぞよろしくおねがいします。
おそらく2作品出せる…はず…

なんと。なんとなんと!
あの古典部シリーズがアニメ化です。
楽しみです。反面怖くもありますが。またあの感動を味わえるといいな。
自分の地域で放送されるのだろうか…いやそもそも見られる時間帯なのだろうか…DVD借りることになるかもな…
キャラデザが自分のイメージに合いすぎていて、スタッフの方々にあの絵を見られたのではと自意識過剰な妄想をしています。うむむ、あれ消そうかな…

で、自分のほうですが。
随分久しぶりにコンテンツ更新しました。
今回もグウゼンセイの下書きを先行公開することにします。モチベーション維持のために。
読んでもらいたいようなもらいたくないような…
あらすじを知ると面白さが半減してしまうような気がするのですが、どうなのでしょう。
気になって夜しか眠れないという方は、どうぞ。

それでは本年も無理せず怠けずやれればと思います。
みなさんも体には気をつけて。だるい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/21

タワーディフェンス中毒

こんにちは、せっかくの休日をパソコンのメンテナンスごっこで潰した八久斗です。しかもあんまり快適になった気がしないぞ。

気がついたら前回の日記から2ヶ月経ってました。忙しかったということに。
そしてすみませんがやっぱりメモリの足りない自分に並行作業は無理でした。企画の公開は半年後くらいなのですが、自分のメインは2月くらいまでだと思うので、それまでは専念させてください。
筆を休ませているうちに上手い構成を思いつければいいのですが、ヒツゼンセイの時は休ませすぎて作者のクセに設定を忘れるという愚行をしでかしたからなぁ…

最近TDというジャンルのゲームにはまってます。砲台を設置して攻めてくる敵から防衛するやつ。試行錯誤を繰り返すパズル性で時間を忘れます。
お勧めをいくつか。グラフィックが綺麗なステージクリア型が好みです。

  • Kingdom Rush :設置場所固定。強化の仕方がRPGに一番近い。
  • Ghost Hacker :レベルアップではなく、パーツで強化。ストーリー理解には英語必要。
  • Vector TD :如何にお金を節約していくかが勝負。クリア型ではなくハイスコア型。
  • 陽だまりの要塞 :日本製。自由配置型。1ステージ辺りの敵が多い。

…忙しいんじゃなかったのかとか言わないで。
みんなもやって気がついたら一日が終わっているやるせなさを味わえばいいと思う!

それはともかく。
「心あたりのある者は」みたいな九マイル型のミステリを書きたいです。あー、でも自分が真面目に推理やると変になるのでミステリもどきで。
しばらく作品公開はなさそう。最近サイトを本当に全然更新していなくて、更新するようなこともなくてどうしよう。
でも無理やり更新しようとすると制作に響きそうなのでもう半年くらい更新しないつもりで。

ほんとごめんなさい。最近またカノウセイがじわじわ広まってる様子で嬉しくもあり恥ずかしくもあり焦燥感もあり。早く10年後の話書きたい! あと最近知った学問的性格診断を応用(改悪)してキャラ診断作って遊びたい!

多分これが今年最後の日記ですね。良いお年を。Twitterではまだ呟きますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/26

進行状況

こんにちは、携帯を変えたら使いやすい顔文字が軒並み消えてて面食らった八久斗です。まあ滅多に使わないからいいんですけど。

また日が空いてしまいました。ここ1ヶ月のことをまとめておきます。ツイッターで呟いたことの繰り返しになりますが。
グウゼンセイの完成度は全体としては半分くらいでしょうか。システム周りとサブシナリオは大体終わり、メインシナリオを書いてスクリプト化して演出を入れて終わりです。あとはエンドロールとか後書きとか。
あと半年で片付けられるだろうか。今後の忙しさと精神状態にもよりますが、今のところは射程範囲内です。

カノウセカイででてきたいじめっ子3人組が話に大きく関わってきます。彼女らの見方がガラッと変わる作品になればいいなと。単純な正当化はするつもりありませんが。
シナリオは暗め。ヒツゼンセイとは色んな点で対照的な作品にする予定です。

しばらく月1でツイッターまとめ記事の流れにするかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/30

セルフ二次創作

こんにちは、「何もしなくていいよ」とか「何をしてもいいよ」と言われると全般が何も出来なくなる八久斗です。束縛を下さい。

気づいたら7月の記事が無いまま終わりそうだったので慌てて更新です。
8月のうちにどこまで制作を進められるかが公開時期を決定しそう。最近ようやくシステムが決まったところです。テキストは全体の1割行ってるかな…というところ。ポメラさんのお陰でチョコチョコ進んではいるのですが。

ここ2週間ほどはむしろカノウセイシリーズのキャラクター診断を作って遊んでいました。質問の回答次第で誰に似ているかを判定するようなやつ。
結構面白いと思うのですが、未登場キャラもいたりするし、何よりこちらにかまけていたら完結しそうにないので骨組みだけ作ってやめておきます。余裕があったらそのうち。

10年後の物語のほうがむしろ筆が進んでいたりするので、グウゼンセイが完成すればあまり間を置かずに完結できるかな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/21

新兵器導入

こんにちは、カレー屋に行くたびに「今日はちょっと辛目のを食べよう」と思って注文し、一口で後悔する八久斗です。翌日トイレでさらに後悔します。

ついにポメラ買いました。小型ワープロとでも言えばいいのでしょうか。これで電車でも飛行場でも出先のトイレの中でも小説書き放題です。わーい。

…まあ、いくら環境が整ったところでネタが浮かばなきゃどうしようもないのですが。
でもこれ、思いついたときにすぐ取り出して打ち込めるので、ネタ帳や備忘録としても重宝します。パソコンとやり取りも出来るので二度手間にならないし。おすすめです。

通常版のDM10に加えて廉価版のDM5グレードアップ版のDM20があります。簡単に違いを書くと、

  • DM5の長所:電池長持ち、値段安め、エネループ対応
  • DM5の短所:キーボードがスライドしないので違和感ありそう
  • DM20の長所:画面が大きい、多機能、変換辞書が充実、事実上文字数無制限、エネループ対応
  • DM20の短所:高価

という感じかと。それぞれ一長一短ありますので、お好みで。

グウゼンセイはヒツゼンセイの綾乃&加奈side版という方針になりました。別の視点から見た不幸の手紙事件を絡めつつ、単品でも楽しめるような話にしたいなと思ってます。主人公とヒロイン(?)が新キャラで、いじめっ子トリオがキーパーソンの予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/01

タイトルも思いつかない

こんにちは、部屋の掃除をしていたら4年前のお菓子を見つけた八久斗です。…大丈夫、食べられるはず…

ご無沙汰になってしまいました。気づけばもう6月です。
記事が書かれないのはネタが無いからであり、つまり制作は全然進んでいません。目標は今年度中にグウゼンセイ完成、来年度中に10年後の物語完成なのですが…無理かな…

一応チョコチョコと書いてはいます。本編の選択肢次第で各キャラのエピソードを読めるようにしようかなとか考えてます(カノウセイの記憶の欠片みたいな感じで)。
ただ、本編がかなりどんよりした話になりそうで、10年後の物語のネタばかり浮かんでくる状況です。逃げるな。

また小説版を先行公開しようかな…先に粗筋を知ってしまうと楽しめない気がするのですが、モチベーションが上がるのも事実。しかし今回は1本道の話にならない気がするし…うーん。
まあ、はい、テキトーに。棚からネタが落ちてきませんかね。やる気も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/16

段々忙しく

自分は人間の行動を(似非)生物学的・進化論的に考えるきらいがありますが、同時にそれで仕方ないとはすべきでないと思っています。なんかヤバそうなものはとりあえず避ける、障害のある人間は認めない。それは己を、種を守るために当然のことだとは思います。でも、それでいいのか。万物の長たる人間なら(そんなことないと言われるかもしれませんが、少なくとも地球上で一番勝手に振る舞っているのは人間ですよね)、理論に反するくらいの余裕はあってもいいんじゃないか。そう思います。
…ということをツイッターでつぶやこうとしたら文字数オーバーしたのでここに書いてる八久斗です。深い意味はありません。

グウゼンセイのシステムが未だに決まっていません。というか、うーん、シナリオが決まらないとそれに合わせたシステムが組めないんですよね。でもシナリオを決めるにはシステムを決めないと…という、よく分からない状態に今陥ってます。いつもと違うことしようとするからこうなるんですよね。
まあ、思いつかないということは作りたい物が見えてないということだと思うので、しばらく色々妄想しながら充電します。

ところでヒツゼンセイに関してですが、万が一実況などをしたいという方がいたときのために注意書きを入れておきます。
禁止はしませんが、何らかの事情によりゲームの公開停止や内容の変更をした場合、もしくは八久斗が「このままだとまずいな」と思った場合、削除や訂正のお願いをすることになるかもしれません。その時は従ってください。そうなる可能性があることを踏まえた上での活動をお願いします。

あと四月馬鹿達の宴の攻略Wikiができている模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/29

インプットフェイズ

こんにちは、日曜に部屋の掃除をしようと思ったら精が入りすぎて未だに終わっていない八久斗です。何故土曜に始めなかった。

ニュースで福島周辺の生産物の廃棄が進んでいるという話を聞いて悲しくなりましたが、今日のニュースでは福島産の野菜が売れていると知って嬉しくなりました。単純。
そうだよ、みんなで被災地の商品を買うべきなんだよ。長期的にはそのほうが復興に繋がると思います。放射性物質なんて微量ですから。外国のポストハーベストよりよっぽど安全だと自分は思ってます。洗えば半分になるらしいし、ヨウ素なら体内に入っても8日で半減するし。

被災地外でもある意味水不足が問題になってますが、水道水の放射線量も大したことないのに。影響を受けやすい妊婦さんや小さい子どもは控えた方がいいのかもしれないけど。水はそういう人たちにだけ限定販売すればいいと思う。

話は変わってグウゼンセイ(10年後の話じゃないです)は「こんなのを描こうかな」とぼんやり考えている状態です。スポットを当てるキャラを決めて、書きたいことをどんどんくっつけていって、変な箇所を削る作業。
並行して考えているのはジャンルです。普通に作ればデジタルノベルになりそうなんですけど、10年後の話はどう考えても読むだけなので、被っちゃうなと悩んでます。別に同じにしちゃ駄目って決まりも無いんですけど。

今までは、
カノウセイ:RPGっぽい生き残り
カノウセカイ:読むだけのデジタルノベル
ヒツゼンセイ:選択肢でエンディングが変わるADV
という感じです。
考えているのは、選択肢でシナリオが枝分かれするADVか、選択肢でパラメータを操作するシミュレーション形式。RPGにしてもいいかなと思ったんですが、素材作成が面倒なのと、今考えているシナリオでは要望の高そうな生き残り系は絶対にできないので、多分無いかな。パズル、アクション、シューティングは全く未知の領域だし、シナリオと絡められないと思う。他に何かあったかしら。

こうやってあれこれ考える時期がしばらく続くと思います。あまり長すぎると完成しなくなるので、適度に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧